2015.01.01

時に、西暦2015年。

あけましておめでとうございます。
昨年はツイ廃化して更新しませんでしたが、当ブログはなくなった訳じゃないよ!ないよ!
存在を忘れたりしてませんから!ちゃんと!↓



さて、愈々本年は決戦の年となりました。

そう、2015年。

汎用人型決戦兵器「ジェッターマルス

の誕生の年ですね。

いやぁ、遂にこの歳を迎えてしまったか…。
遠い未来のことと思っていただけに、感慨深いものがありますな。

続きを読む "時に、西暦2015年。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.01

来年出そうと思っていたあけおめネタですが。

あけましておめでとうございます。
ろくに更新もしてませんが、当分閉鎖の予定はないので
本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

…と言っときながら、ついったー始めました(今さら!)

ID:@BuniNaitohです。

…すでにTLの流れについていけてないですけどね。

(なお、登録メアドは捨てアド同然のものを使用していますので、メールアドレスから検索は無理なんじゃないかなたぶん)

さてそれではさっそく、表題のあけおめネタを。

…なぜ来年ネタかは0:42あたりから。

…我々は、たぶんこれより少しはマシな世界に住んでいるのでせうか。いや住んでいると信じたいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.02

宮崎駿氏引退のニュースを聞いて真っ先に思い出したこと。

月並みで恐縮ですけど。

In August 2005, Mr Toshio Suzuki of Studio Ghibli came with Mr Hayao Miyazaki to talk with me and my son (who controls the trust which owns the Earthsea copyrights). We had a pleasant visit in my house.
It was explained to us that Mr Hayao wished to retire from film making, and that the family and the studio wanted Mr Hayao's son Goro, who had never made a film at all, to make this one.
(snip)
I am told that Mr Hayao has not retired after all, but is now making another movie. This has increased my disappointment. I hope to put it behind me.
 
- Gedo Senki, a First Response by Ursula K. Le Guin

…とまれ、他人事として見る限り、作家の断筆と同じで、仮に死病に冒されておられようとも、宮崎駿氏自身の創作への意欲を断ち切ることはご本人にもできないんじゃないかなぁと思いますけど。ただ、近日中に記者会見をされるとのことなので、その席上で「『長編アニメーション映画の監督』はもうやらない(というか、やりたいんですけど体力的に無理です)」的な宣言はありえるのかなぁ…とも思いますし。

 一時代を築いた(←月並みにも程がある表現)才人だけに、個人的には引退を惜しむ気持ちが大きいですけどね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.07

にっぽんぽーん。

たまたま見かけた動画が、妙にツボに入ったのでご紹介。
2008年にアップされたらしいものをいまさらドヤ顔で紹介するのもアレではありますが。
…ていうかここに来る人は目ざといのでもう知り合いの間で一巡くらいしてるんじゃなかろうかと危惧しつつ。

あー、その。C&C: RedAlert 2 のMADらしいです。
2なのでメカ天狗とかキング鬼とかは出ないようですよ。はい。
ではどうぞ。↓

続きを読む "にっぽんぽーん。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.24

近日公開「エンド・オブ・ホワイトハウス」。

元北朝鮮のコマンドがアメリカ大統領官邸をジャックする映画、だそうで。
(↑リンク先誤り)

以下、トレイラーをお楽しみください。

…何か間違った気もするが、まあいいか。仮想戦記には違いない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.03.06

1日遅れの没後60年記念。

正確には3月5日でしたが。

ということで、追悼動画を貼っておきませう。

セルゲイ・プロコフィエフ作曲
カンタータ「祝杯(zdravitsa)」(op.85)
(指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー)

あ、書き忘れましたが、もちろんプロコフィエフの没後60年記念ですよ。ええ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.09.09

マルドゥーク・ディスオーダ。

…ふむ。

映画「天地明察」
http://www.tenchi-meisatsu.jp/index.html


「予告編・特報」の中にある「TVスポット/キャスト編」のBGMが、

川村万梨阿/和田薫の
「鉄砲と花」
(↑ニコ動。要ログイン。歌詞だけならコチラ

にしか聞こえない件。

…そろそろ耳まで腐ってきたかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.11

こんなこともあろうか…と…。

 声優・俳優の青野武さんが亡くなられました。

 以前から随分とお悪いという話はどこからともなく漏れ伝わって来ていましたので、寂しさはあるがショックは左程ではありません。

 思えば真田技師長に始まり、成原博士(以下略)と、私のマニアックな人生のエポックメーキングな作品には、かなりの確率で出演されていたバイプレイヤーでした。

 メジャーな配役の思い出はもう誰かが書いているでしょうから、マイナーなところで、NHKの歴史ドキュメンタリー物。大抵は個人としてはノンクレジットでしたが、いや流石に声でわかりますから。「映像の世紀」あたりも割と頻繁に出てらしたんじゃないかなぁと。とりわけ、思い出深いのが太平洋戦争ものの時で、なぜか青野さんは東條英機役が多かった気がします。頭の中で真田志郎とか成原博士とかと脳内スライドさせながらくつくつ笑ってた記憶が、今となっては思い出深いです。

 もうそういうことも(新しくは)できないのだなぁと思うと、改めて感慨深いです。

 とまれ、黙禱。
--
【業務連絡】某ゲーム関係のアカウントは服喪モードにしておきました>関係者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.26

ステーキをくれ!血のしたたるレアで。

 マイケル・ジャクソン氏逝去の報を受け、心から哀悼の意を表します。

 毀誉褒貶もありましたが、やはりスーパースターでした。
 そして何より、「シャレのわかる人」でしたね。

 ムーンウォーカーとか、スペースチャンネル5とか…。

 きっとこれからは、RIAAあたりの息の詰まるようなビッグブラザー支配の世界になり、
こういう「シャレのわかる」人材は大成できない「システム」にされて行くのでしょう。ああヤダヤダ。

 学生時代によく聞いていた曲がYouTube公式に上がっていたので、2本ほどURLを示して手向けとします。合掌。

http://www.youtube.com/watch?v=fqz1ojIQTBk

http://www.youtube.com/watch?v=HyfcOriVKBM

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.04.01

渡る世間は使徒ばかり。

 本日はエイプリルフールということで、
 Yahoo! Japanがコラボレート企画で「エヴァンゲリオン実写版キャストアンケート」というのを行なっておりました。(既に終了し、今後の公開予定が良くわからないのでリンクは貼りません。)

 で、集計結果が出たんですけどね。
 結果自体はどこか他のサイトで晒されていると思うのでここには書きませんけど。

 感想を言わせて貰えば、
「ネタにマジレス カコワルイ」な人しかリストアップされてません。
(以下、敬称略でお届けします)

続きを読む "渡る世間は使徒ばかり。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)