2013.06.07

にっぽんぽーん。

たまたま見かけた動画が、妙にツボに入ったのでご紹介。
2008年にアップされたらしいものをいまさらドヤ顔で紹介するのもアレではありますが。
…ていうかここに来る人は目ざといのでもう知り合いの間で一巡くらいしてるんじゃなかろうかと危惧しつつ。

あー、その。C&C: RedAlert 2 のMADらしいです。
2なのでメカ天狗とかキング鬼とかは出ないようですよ。はい。
ではどうぞ。↓

続きを読む "にっぽんぽーん。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.03

近況報告。

1年半間が開きました。なんたること。

つか、この手のものって習慣として日常にインプリメントしておかないと、一回つまづくとずるずる行きますね。

続きを読む "近況報告。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.29

「東方」消滅へのカウントダウン。

 年末に予定される「防衛計画の大綱」改定に向けた陸上自衛隊の組織改編案の全容が28日、明らかになった。全国に5つある方面隊のうち、関東などの防衛・警備を担当する東部方面隊(東方)を廃止する一方、東方傘下の第1師団を「首都防衛集団」に改編し、国の中枢でのテロやゲリラ攻撃への対処能力を強化。残る4方面隊を一元的に指揮する「陸上総隊」を新設、調整や運用を効率化する。
7月29日7時57分配信 産経新聞(via Yahoo!)

 以上、現実逃避行動に基く釣り記事でした。

#しかし、「陸上総隊」って「海軍総隊(日吉)」みたいでイヤーンな感じの名前だな。うん。

##で、「コッペリオン」はどうなってしまうのだろうw。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.06.16

【HoI2DD】現実逃避:チョロい世界のカナダ。

 いろいろ忙しかったり鬱になったりしてたので、久しぶりにお気楽極楽カナダでやってみた。日本語版、最低難易度、レイランド社バグありで。

続きを読む "【HoI2DD】現実逃避:チョロい世界のカナダ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.04

二刷でようやくゲット。

「なんだそのコスプレは。小暮伝衛門か?
「こんにちは、ヨハネ・クラウザーII世DEATH。」
「そんなに丸いクラウザーさんは居ねぇよ!」
「ともかくだ、まあ時事ネタということだな」
「全然聞いちゃあいねぇ」
「というわけで早速『レイ…』」
「(渾身の蹴り)やめろゴルァ!!」
「魂が抜けるかと思ったDEATHよ」
「やっていいボケと悪いボケの区別ぐらいいい加減つけろや」
「しかし、『陵辱ゲー禁止令』ってどうなのかね」
「その格好で真顔になっても説得力全然ないぞ」
「とりあえずウチは大丈夫じゃないっスかねぇ」
「ほほう、クズ店長、その根拠のない自信の由来は?」
「だからいい加減メイク落とせ」
「ゾーニングはきっちりやってますから」
「それ以前に、18歳未満のお客さんって、見えたことがないんですけどこの店」
「あー、ヤクザとか(ピー)な奴しか来ないもんな」
「俺のケツを舐めろ!(脳天からギタルマン一撃)」
「何すんスか」
「ゾーニングをきっちりしてる?どの口でそんなことが言えるのかねクズ店長君」
「やってますよぉ、CESAレーティングとかソフ倫マークとかきっちりチェックして。あと、教育委員会の通達とか
「ほほう、ではなぜこのソフトが一般客棚にあるのかな」
「なんスかソレ」
「『ポートピア連続殺人事件』…」
「どう考えても『陵辱ゲー』だろコレ。やす ふく ぬげ って。
「(渾身の右ストレート)」
「なにするんですかせんぱい」
「それが陵辱に該当するお前の思考回路を修正してやる!!あと、背広似合わねーからヤメレ。
 …でも待てよ」
「ああん?」
「『陵辱』がヤバイってことは、『連続殺人』の方がずっとヤバいんじゃねぇ?」
「確かに…そう言われてみれば」
「陵辱はフォローでなんとかなりましたけど、殺人だとフォローのしようがないですからねぇ」
「洒落にならん実体験をサラっと語るなこの顔だけスケコマシ。今月の給料ゼロにすんぞ
「(ヘナヘナ~)私が悪うございました、お許し下さい」
「本っ当にクズだな」
「ああ」
「でも、そうしたらどうするんですか?殺人絡みのゲームってかなり多いですよ?」
「そうだな…」
「『オホーツクに消ゆ』とか」(ブッ)
「『さんまの名探偵』とか」
「いい加減その時代から離れろレトロゲオタ」
「じゃ、『ひぐらし』」
「…それは別の意味でイタいな、ていうかトラウマ」
「なじぇに?」
「80年代を覚えているか?」

(寒い突風がヒュー)

「…あの頃のことは忘れよう」
「ああ」
「でも僕ちんハーツ・オブ・アイアンがあれば全然OK。Nuke'em! Nuke'em! Nuke'em!
「(拳が顔面直撃)そのキノコの山は何だ!!」
「やだなぁ、記号ですよ記号、数値と記号が減るだけ。問題なし」
「(無視)あー、でもそうすると戦争モノも全部ダメか」
「『一人殺せば殺人だが、百人殺せば英雄です!百人乗っても大丈夫!』」
「あれはほっとけ」
「でも、そうするとウォーシミュレーションとかタクティクスRPGとかも全滅なんですか?」
「ああ、そうなるな」
「『怒』とかダメ?」
「だから離れろ!」
「『ゲバラ』」
「それはそれ以前に2Pキャラの肖像権問題」
「無双系も全滅ですよね…」
「『ガンダム無双』系はガチOK。敵は全部DG細胞で出来たデスアーミーだから。『超級覇王電影弾!』
「じゃ、空戦モノは敵が全部無人機という設定ならOKか」
「それって、『この作品に登場する女性キャラは全員エルフで300歳以上です』ってテロップ入れるのと変わらないんじゃ…」
「…あんまり解決策になってねーなー。俺ら一体何売ればいいわけ?」
「売るなってことじゃね?」
「氏ねカス」

「いらっしゃいませぇ」
「客?…なんだ、タムケンのカシラか」
「タムケンじゃねーよ!ったく、この店は客あしらいが相変わらずだな」
「で、今日は何を?」
「im@sのDS版」
「相変わらずイケテマスねアニキ」
「この店で飾ったって始まらねーだろ…ん?何か騒いでたのか」
「ええ、陵辱ゲー規制についてちょっと…」
「うら若い乙女キャラだったよな、連載当初」
「さらっと口に出したな」
「ん?あんなもん禁止だ禁止。全然リアリティの欠片もねーぞ。あんなに簡単に堕ちるんだったら、風呂に沈めるのにあんなに苦労しねぇっての」
「大変だカシラ、また天政会の連中がカチコミを!!」
「ちっ。分かった。すぐ行く…じゃ、入荷連絡はいつもの携帯宛で夜露死苦」
(ピュー)
「なあ」
「ん?」
「この現実の前に、『規制』って、何か意味あんのか?」

(本誌読んでないんで、本物とネタかぶってたらすみません)

続きを読む "二刷でようやくゲット。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.23

怖いものみたさって、こういうことを言うんだろうなぁ。

http://souku.jp/

"Fools rush in where angels fear to tread." (Alexander Pope)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.21

[HoI2DD]超簡略版アイルランドAAR。

 前回ペルシャをやったので、ちょっと別の国がやってみたくなりました(逃避行動です)。

 さて今回は…前回のペルシャで「ミサイル国家」に味を占めたので、今回も同じような方針で、と。
 で、国を漁っていると、「おや、アイルランドって、突出した研究機関はないけど、割と粒ぞろいだねぇ」と気付き、アイルランドに決定。
 何よりアイルランドで特筆すべきは「ウォルトン博士」の存在。スキルは4しかないけれど、「数学」と「原子物理学」と「管理」を同時に持っているのは小国としてはなかなかのものです。
 つまりアレだ、工場さえ作れて資源と資金さえ足りればその…ねぇ。

続きを読む "[HoI2DD]超簡略版アイルランドAAR。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.20

続・願わくは、望月のころですの。

正編より続く)

続きを読む "続・願わくは、望月のころですの。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.07

願わくは、望月のころですの。

 珍しくHoI2DDなどやりたくなってさてどこにすべぇかと思い、とはいえ大国はやだし大兵を指揮する戦争もやりたくないしと思って、そういえばペルシャをマジでやったことは無かったなぁと思いペルシャに手を付けてみたりして。
 とりあえず潤沢な石油で莫大な物資と資金を入手、中国諸軍閥に独立保証をかけまくり、さらにイギリスに貢ぎに貢いで1937年初頭には立憲君主制ペルシャは連合国入りに成功。とりあえず英ソによる分割だけは避けられたが、東からインドを通り抜けて傀儡国民党軍の津波が押し寄せて来るのは避けたいので盧溝橋事件と同時に国民党に肩入れしてオイルダラーを無償援助の嵐。日本の攻勢が黄河で停頓した辺りを狙って日本本土にパルチ爆弾を投下しまくり。一方、イギリスからフィジーとタラワを交渉で入手、ポーランドにはフィジーを、ノルウェーにはタラワをほぼ無償で提供。ポーランドが降伏しないのでマンシュタインプランが発動せず、欧州戦線はマジノ線で停滞(ヴェーゼル演習はほぼ成功、但しノルウェーはタラワに亡命政権を作って頑張っているため占領地扱い)。
 そうこうするうちに日本本土でパルチザンが蜂起するようになり(最初は名古屋だった…名古屋人って…)、日本の実ICが国民党の実ICを割り込むようになった。遂に国共統一戦線の逆襲が開始され、蒙古国、満州国は消滅、関東州と朝鮮半島全土も制圧され、日本は屈辱的講和を受け入れた(台湾・関東州を国民党に割譲、韓国は独立し国民党の属国に)。ていうか日中戦争の中国単独勝利イベントって初めて見ました。なお、この時点で組閣の大命が野坂参三に降下、大日本帝國は一君万民のスターリニスト国家と相成った(日本語版なので元首が大本営から野坂に変わっただけであるから)。
 ところが「まだ負けてない」と主張する海軍に押された野坂政権は真珠湾攻撃を実施(おいおい)、アメリカ・オランダが連合国入りしここにABD包囲網が成立。オランダ本土はあっけなくドイツの手中に落ちたが、ベルギーが中立なため西部戦線異状なし(苦笑)。一方日本はフィリピンの土を踏むどころか、南洋諸島を瞬く間に米英に占領され、いきなり本土決戦。四国と北海道に米軍が、遠州灘に英軍が上陸し、かろうじて関西と中国・九州に守備隊のハイスタックを積み上げることにのみ成功。さらには講和条約の切れた国共統一戦線からも宣戦され、まさしくABCD包囲網完成状態。
 ちなみに同志スターリンは冬戦争の失敗に懲りてか一国社会主義路線を堅持し、モロトフ=リッペントロップ協定を忠実に遵守、内政にのみ集中。ドイツもバルバロッサ発動の余裕はなく、東部戦線は平穏。ドゥーチェはフランスも倒せないドイツを白い目で見つつ、アルバニアで満足してこれも本家ファシスト国家の国力増大に専念。従って中東はとても平和なので、オイルダラーを背景にドイツと日本でSAVAKというかペルシャの幻術士が暴れまくるというなにそれな展開である。ときに1947年。ゲーム外時間で2009年4月7日午前3時過ぎ。海空軍を持たない(そもそも空軍ドクトリン研究機関も、海軍に至っては艦船研究機関すらない)し原子力もないペルシャはもうあとは時間切れまで心ゆくまでスパイ大戦しかやることが無いと見切ったので、プレイヤーとしては満足して寝る。

続きを読む "願わくは、望月のころですの。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.16

さて、何から手を付けてよいやら。

 とりあえず方針転換ケテーイ。(詳細略)

 とはいえ、なんかT字回頭というか270度旋回というかなので、これまでの索敵情報が全く通用しません(爆)。さてどうしたものか。とりあえず偵察部隊を四方八方に繰り出す…しかないんだよな。それからエンジン本稼動して、舵を切る、と。(信地旋回が出来るほど器用にできておりませんので、ええ)

 とかつらつら考えながら今日も半分昼寝な私(爆)。

続きを読む "さて、何から手を付けてよいやら。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧