2009.02.11

底は脱した模様。[会社法関連記述あり]

 火曜日。自動車保険(任意保険)の更改が近いので代理業者と相談。
 T社T/P契約特約ごっそり付き、おまけに低等級なので「ぐはぁ」な値段なのはしょうがない。電話一本保険に切り替えれば激安になるけど、近所付き合いの手前とかしがらみが色々。あと、整備工場兼ディーラー兼代理店なので、ワンストップだし「いざ」って時はやり手の社長が示談交渉、両サイドの代車から修理から何から地縁血縁同業縁使って対処してくれる予定なので、電話一本保険だと保険会社の代理人との信頼関係の構築から始めなきゃいかんことを考えればまあ必要経費。
 ただ、約款が変更になったので契約内容が変わっており、「そのまま去年並みの見積通りでお願いします」といかんので話を聞きに行ったわけよ。
 話を聞いて大体納得。同乗者治療保障が実績払いから事実上のキャップ制に代わったのがえげつないといえばえげつないと言える(不正請求対策と言ってるが、明らかにむちうち・髄液減少症辺りの狙い撃ちだろう)。
 損保についてはかなり五月蝿い客なのだが、(契約の時に必ず「保障金額査定は新価相当か減価後相当か明らかにしろ」と言うのは損保契約者リテラシーの平均値よりは上だと思う。多分)ほぼ「他所か妥結か」の2択なので妥結を選択。ロードアシストがJAFとダブってるとか色々言いたいこともないではないが、まあ良しとする。

 あと、何だか親宛に「株券電子化に伴う『特別口座』開設のお知らせ」とかが来ていたので、対応する。要は、発行会社の登録不発行単元未満株式が電子化移行過程でタンス株扱いになったという話(判る人には判るでしょ)である。単元株の概念を理解していない(や、私もそれほど理解してはいませんが)親に説明するのに少し手間がかかったが、とにかく「特別口座」は扱いがめんどくさいし、数年後とかに直そうとするともう「分かる人間が証券代行側に殆どいない」とかになりそうな気運が明白なので、マニュアル一斉対応な今のうちに親が予め口座持ってた証券会社(注:経過措置上証券会社を名乗れる金融商品取引業者であるw)の口座に移管する手続を取ることにする。証券代行ごとに用紙をダウンロードして、必要事項を記載、記名押印して発送すればOK。いやあ世の中楽になったもんだ。ただ、書式が各社微妙に違うんですが…株懇はどういう結論に達したんだ?とか思ったり。
 ただし、証券会社側の対応が微妙に不満。お前の説明だと移管手続できねぇぞ。まあ、根掘り葉掘り問い詰めてきちんと対応させたが。取引店である、田舎のリテール支店窓口に電話したのが悪かったのは認める(集中コールセンターを探して聞いた方が早かったかもしれない)が…しかし、現状で末端の徹底状況がアレゲだったのでやっぱり今やっといて正解だと思う。数年後にはきっと「本店問合せ折り返し」対応になってた可能性があるからな。

 他にも細々した懸案を少し片付けた。経営危機のB社の再建に協力して、ネット通販でポイント準備金を売上計上に振り替えてあげるとかw。いや断じて「取り付け」ではないです。ええ。準備金を売上に替えてあげたのです。
--
 水曜日は、祝日ということで、原則寝てた。前日の反動とかではなく、ま、単に休養ということで。勤め人時代だって一日寝てたんだからこれは「不規則で自堕落な生活に戻った訳ではない」とか言い張ってみる。要は、明日またちゃんと起きていられれば良いのである。うむ、努力しよう(そんなことに努力が必要な自分が情けない…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

[会社法]株券コレクター詐欺。

 明日から上場株式電子化、という記事を読んでいてふと思いついたネタ。
 私はこんなバカなことはやりませんが、やる奴ぁ出るんじゃないかなぁ。

続きを読む "[会社法]株券コレクター詐欺。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.22

実録:こうして育つクレーマー(番外編1)「ガキの使いやあらへんか」。

 …いやそのさ、なんていうかもうね。ブログのネタが尽きないっていいことだよね(嘆息)。

続きを読む "実録:こうして育つクレーマー(番外編1)「ガキの使いやあらへんか」。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.01

実録:こうして育つクレーマー(8)「秒読再開」。

 …私もね、こうまで縺れるとは思ってませんでしたよ。ええ。今回が「何とか懸案はほぼ解決しました」のご報告になると思ってたんですよ、ええ。
…先方の無能さと傲慢さをまだ甘く見ていたことについて自己批判します。
付記:今回からブログカテゴリに「短期集中連載」の項を設けました。

続きを読む "実録:こうして育つクレーマー(8)「秒読再開」。"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.04.13

ニートへの道。

 どうやらダメそうです(挨拶)。

 職務に対するモチベーションの高さは先月末で「マリアナ海溝ボーリング調査」と言っていたのですが、
今や「モホロビチッチ面あたりまで下がった」と公言して憚りません(苦笑)。
 というのも、現在、無能経営者の「思いつき」(発案とすらいえない)で、アラカン山脈越えとオーエン・スタンレー山脈越えと大陸打通作戦とアリューシャン侵攻作戦を同時に発動している状態なのですが(これだけでもボロボロ、しかも兵站計画は本当に帝国陸軍の方が遥かに優れている)、4月の新人事で無能経営者の完全独裁体制が確立されまして、今後ともこの種の「思いつき」作戦が次々展開され、かつ止める者もない状態になることが判りました。
 一将も功ならずして万骨枯る、誰の得にもならず誰からも感謝されない作戦にこれ以上動員されるのはまっぴら御免です。もう金とか出世の問題じゃない。

 おまけに4月の「社」内報の特集が、「経営責任とばかり言ってないで個々人が出来ることをしよう(大意)」ですもの。いや、どう考えても経営責任だろ、と言いたくなる事象列挙して、それでも「職域奉公完遂」ってどこの大本営ですか(爆笑)。「精神力は無限大」かよ。(ところで、「精神の力は無限であります」って、誰が言い出した言葉か、出典(できれば初出)を探しています。ご存知の方はコメントへご一報を)

 これはどう考えてもウチの事業体は3~5年内に沈みます。ということで自分が仆れたり他人が仆れたりするのを見るに忍びないので逃げることに決めました。時期は言えませんが、そう遠くないことは保証します。
(というか3月末予定だったのだが逃げ損ねた)
 現在主治医と色々画策中。家族の同意も取り付けてあります。


続きを読む "ニートへの道。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.16

近況(機密日誌風味)。

三月十三日(木)

続きを読む "近況(機密日誌風味)。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.03.06

二千六百万の瞳。

mixi規約変更問題について。

グーグルで「livedoor Blog 規約 変更 問題」を検索する
--------------- 終了 --------------

続きを読む "二千六百万の瞳。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.27

志士は溝壑にあるを忘れず。

 以前のエントリで、3月末で退職する決意と書きましたが、このまま祖母死去と相前後して身を退くのも香典泥棒同然だし、はてどうしたものか…と悩んでおりましたところ、

 本日、上司から同時に2件のプロジェクトに参画するように仰せつかりました。
 どっちもタイムスケジュールぱんぱんでおまけに相手もこちらも腰がふらふらという中々に楽しい代物です。しかも同時並行。

 あれ?今年度1年は様子見年間じゃなかったっけ?
 しかも、1件だけやらせて様子を見るというのではなく、同時に2件だよ。
 様子を見ながら負荷を増やしていく…っていう話はどうなったのかなぁ。
 しかも様子見年間扱いなので今年度中はいくら仕事を頑張っても人事考課は上がらないのだけれどもなぁ。

 ということで、どうやら来年7月から9月頃に再劇症化して、それを潮に辞めるというシナリオを、上司の方で勝手に用意してくれました。これは感謝だな。

「違約食言は上司の華/ああやっぱりならばそして/命令に殉じあえて健康を害した/無謀な部下を/処断するのもまた/管理者の華」

だな。



私信:紅氏、少なくとも来上期が終わるまで、休日はこの年末年始が最後と心得られたし。存分に楽しまれんことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.26

どうせオイラはイネイブラー。

 何かちょっとクソむかついているので鬱憤晴らしに愚痴を書いてみる。
 他人の愚痴を読むのが嫌いな方はここで読むのを止めてください。
 
 

続きを読む "どうせオイラはイネイブラー。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.06

予定調和。

 東京には空が無い、と言ふ(挨拶)。

 ときに5月6月は繁忙期。
 さて、ここをどのくらい放置プレイで置いといて貰えるかが本当に一年間の猶予を置いてくれるのか、それとも従前どおりこき使われるかの試金石だな、と前々から思っていたところ、

 やっぱり直属上長から特命が来ましたよ。

 納期は2日半、と聞けば些か長めのようですが、自己防衛のため直属上長の予定を確認したら多分納期半日繰上げは確実なので2日。
 前も類似の作業をやったことはあるのだが、まったくテーマが違うし、大体第一線を離れてる間に制度がガラガラポンと変わっている上に現在進行中で制度変更中。過渡的状態であるところの只今現在の制度がどうなっているかの確認作業から始めなきゃならんので、まあゼロスタートよりはちったあマシレベル。

 「できる範囲で」とか「無理しなくていいから」とか頻繁に言ってたけど、本当に無理しなくて出来る範囲でのアウトプットしか出さなかったらあんた激怒するでしょ。激怒しないまでも、「これしかできなかったのか」「問題の重要さを考えてくれよ」「もう少し整理できなかったのか」「俺にこんな大量の資料を読めというのか」とか何とかネチネチ言うでしょうが。自覚はないだろうけど、こっちはお見通しだぃ。

 ということでネチネチ愚痴られる方が余程ウザいので、現在あえて無理をしています。
 まあ昨日終電をあえてすっ飛ばして残業してホテルにお泊まりしたので、今日は「こんな早い時間」に「帰れて」いますが。

 すでに2回倒れており、「3回目はないよ」(どういう意味か判りませんが、今度倒れたら馘首ということでしょうか。あるいは出世の道が閉ざされるということでしょうか。いや、出世の道など2回目に倒れた時点でとうに諦めているんですが)と言われていますので、その3回目とやらに向かってがむしゃらに突き進んでいく所存です。

 まあ馘首なら馘首で、そのときはやるべきことをやるだけですが(ニヤリ)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧