2015.01.01

時に、西暦2015年。

あけましておめでとうございます。
昨年はツイ廃化して更新しませんでしたが、当ブログはなくなった訳じゃないよ!ないよ!
存在を忘れたりしてませんから!ちゃんと!↓



さて、愈々本年は決戦の年となりました。

そう、2015年。

汎用人型決戦兵器「ジェッターマルス

の誕生の年ですね。

いやぁ、遂にこの歳を迎えてしまったか…。
遠い未来のことと思っていただけに、感慨深いものがありますな。

続きを読む "時に、西暦2015年。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.01

プレスリリース。

人民暦102年4月1日

太月書店広報部

「さよなら、ラノベ。ぼくらは今日からレノベ。」
~新レーベル
「レフトノベル」刊行計画のおしらせ~

続きを読む "プレスリリース。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.02.12

またバカなものを作ってしまった(同案多数)。

やっつけ仕事とはこういうことを言うんだぜw。
…同案多数だろうなぁ。
Space_for_rent

たぶんプラカードの文字は見事にEngrishなんじゃないかと思います。
All your base are belong to us.

…あ、ついでにクラッキング除けのおまじないも書いとこ。
「急急如律令。勿忘六四天安門。」

|

2009.08.06

初見恩給録。

 「戦没者の遺族に対する特別弔慰金支給法」の改正により、ウチの親父が第九回特別弔慰金の支給対象になりました。(どんな制度か知りたきゃググれw)

 で、山のように除籍謄本だの改正原戸籍謄本だのが申請に必要になりまして、なんか死ぬ思いで一族の資料を漁っていたら…

 ウチの曽祖父(故人)が「翼賛選挙」に出馬していたことが判りました(…マヂですか)。

 ちなみに、旧立憲民政党所属(当然に大政翼賛会に合流して解散)、勿論時局柄「無所属」で立候補、翼賛推薦は取れず、落選者中2位で終わった模様。(当然ながら、当選者は全部翼賛推薦候補です)

 …国政チャレンジはこの一回だけだったようですが、なんかこれって「血」ですかね。

 …渡辺のよしみちゃんを笑えなくなってしまったと思う今日この頃。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.29

「東方」消滅へのカウントダウン。

 年末に予定される「防衛計画の大綱」改定に向けた陸上自衛隊の組織改編案の全容が28日、明らかになった。全国に5つある方面隊のうち、関東などの防衛・警備を担当する東部方面隊(東方)を廃止する一方、東方傘下の第1師団を「首都防衛集団」に改編し、国の中枢でのテロやゲリラ攻撃への対処能力を強化。残る4方面隊を一元的に指揮する「陸上総隊」を新設、調整や運用を効率化する。
7月29日7時57分配信 産経新聞(via Yahoo!)

 以上、現実逃避行動に基く釣り記事でした。

#しかし、「陸上総隊」って「海軍総隊(日吉)」みたいでイヤーンな感じの名前だな。うん。

##で、「コッペリオン」はどうなってしまうのだろうw。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.20

かなりテンパってます。

俺、今抱えてる作業が一段落したら、こないだ届いた「鋼バシス」読むんだ…。

 あ、ちなみに、「鋼バシス」ってこれのことね(勝手に俺様式略称)。

…って、こんなことしてる場合じゃないのにっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.04

まさに、英国の精神が形になったような…。

「Full frontal nudity sketch」ですね、わかります。

http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/features/2511797/The-office-of-bare-trading.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.26

ステーキをくれ!血のしたたるレアで。

 マイケル・ジャクソン氏逝去の報を受け、心から哀悼の意を表します。

 毀誉褒貶もありましたが、やはりスーパースターでした。
 そして何より、「シャレのわかる人」でしたね。

 ムーンウォーカーとか、スペースチャンネル5とか…。

 きっとこれからは、RIAAあたりの息の詰まるようなビッグブラザー支配の世界になり、
こういう「シャレのわかる」人材は大成できない「システム」にされて行くのでしょう。ああヤダヤダ。

 学生時代によく聞いていた曲がYouTube公式に上がっていたので、2本ほどURLを示して手向けとします。合掌。

http://www.youtube.com/watch?v=fqz1ojIQTBk

http://www.youtube.com/watch?v=HyfcOriVKBM

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.06.06

サーチエンジン2題。

その1:
SONY「〈おまかせ・まる録〉スクリーンセーバー」(ver.1.02)

結論:「物量の差が、戦力の圧倒的差であることを教えられた」

補記:上記プログラムは、SONYのブルーレイディスクレコーダーの新機能を宣伝するために、SONYによって提供されているプログラムであり、キーワードを入力すると自動的にYahoo!JapanとYoutubeの検索機能を利用して、画面をキーワードに関連する文字・静止画・動画で埋め尽くしてくれるスクリーンセーバーである。

 が、Yahoo!JAPANの情報蓄積の相対的不足(まあ、何に対してかというと、アレですねアレ。サーチエンジン最大手)、そしてカウンターSEO対策の弱さからか、関連する物販サイトの商品画像が上位に出やすいなどの欠点があり、少し試すと飽きてしまう。

 また、マイナーなキーワードに弱いなどの致命的な弱点もある(シモ・ヘイヘでもSimo Heyheでも情報なしってどういうこと?「雪中の奇跡」でやっとそれらしくなったよ(苦笑))。

 但し、さすがSONYデザインだけあって、表示そのものはスタイリッシュであるため、エヴァ系のメジャーなキーワードなど放り込んでやると、ソレっぽい雰囲気に早変わりする(苦笑)。
(ただ、MAGIと入れたら「東方三博士」の方が優先された…いや、正しいんだがw)

 マニアックな人には「<まる録>機能ってこの程度なの?」という逆効果をもたらす、かもしれない。

 ああ、あと、グラフィック機能が弱いとかなり重くなりそうである。ある意味、ベンチマークテストに使えるかもw。

後日付記:こいつをインストールすると、定期的にネタチェック?に行こうとします(いや、下手すると検索語情報の集積をやっているのかもしれんが…まさかな)。最初、なんかワームに感染したかと思ってマジびびったw。


その2:
WolframAlpha

結論:「まだどう見ても『丁寧な関数電卓』ですどうもありがとうございました」

補記:「答え一発」という懐かしいフレーズ(違)をコンセプトに開発中のサーチエンジン。まあ、「答え一発」という観点からして人文・社会系には役立たないことが明らかではあるのだが(爆)、そんなことは気にせず人工知能の最先端を追い求めて研鑽を続けている模様。

 計算には強い。確かに強い。Google電卓の比ではなさそうである。「sqr[-1]」とか入れると、ちゃんと「i」と出してくれる(複素平面のオマケ付き)。「sin(x)」なら、正弦波を出力してくれる。株式なんかもそれなりだ(「Nikkei 225」とか、ちゃんと値動きが出る)。

 しかし、「1st President of USSR」とか、「Volstead Act」あたりのやや意地悪な程度のクエリーで、答えが出ないのはどうしたものか。「Kim Jong Il」だと流石に出はするが、情報量は全然足りない(ちなみにfull nameは"Yuri Irsenowich Kim"なのだそうだ。いや、私が言ってるんじゃなくて、WolframAlphaがそう言っているのです(苦笑)。)

 ちなみに、「T-34/85」はちゃんと近似的に約分してくれて「Tマイナス5分の2」と答えを出してくれる。また、「JS-2」は「マイナス1ジュール秒」、「KV-2」は「マイナス1キロボルト」なのだそうである。

 まあ、道程はまだまだ遠い、がんばってくれたまい、としか言いようがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.04

二刷でようやくゲット。

「なんだそのコスプレは。小暮伝衛門か?
「こんにちは、ヨハネ・クラウザーII世DEATH。」
「そんなに丸いクラウザーさんは居ねぇよ!」
「ともかくだ、まあ時事ネタということだな」
「全然聞いちゃあいねぇ」
「というわけで早速『レイ…』」
「(渾身の蹴り)やめろゴルァ!!」
「魂が抜けるかと思ったDEATHよ」
「やっていいボケと悪いボケの区別ぐらいいい加減つけろや」
「しかし、『陵辱ゲー禁止令』ってどうなのかね」
「その格好で真顔になっても説得力全然ないぞ」
「とりあえずウチは大丈夫じゃないっスかねぇ」
「ほほう、クズ店長、その根拠のない自信の由来は?」
「だからいい加減メイク落とせ」
「ゾーニングはきっちりやってますから」
「それ以前に、18歳未満のお客さんって、見えたことがないんですけどこの店」
「あー、ヤクザとか(ピー)な奴しか来ないもんな」
「俺のケツを舐めろ!(脳天からギタルマン一撃)」
「何すんスか」
「ゾーニングをきっちりしてる?どの口でそんなことが言えるのかねクズ店長君」
「やってますよぉ、CESAレーティングとかソフ倫マークとかきっちりチェックして。あと、教育委員会の通達とか
「ほほう、ではなぜこのソフトが一般客棚にあるのかな」
「なんスかソレ」
「『ポートピア連続殺人事件』…」
「どう考えても『陵辱ゲー』だろコレ。やす ふく ぬげ って。
「(渾身の右ストレート)」
「なにするんですかせんぱい」
「それが陵辱に該当するお前の思考回路を修正してやる!!あと、背広似合わねーからヤメレ。
 …でも待てよ」
「ああん?」
「『陵辱』がヤバイってことは、『連続殺人』の方がずっとヤバいんじゃねぇ?」
「確かに…そう言われてみれば」
「陵辱はフォローでなんとかなりましたけど、殺人だとフォローのしようがないですからねぇ」
「洒落にならん実体験をサラっと語るなこの顔だけスケコマシ。今月の給料ゼロにすんぞ
「(ヘナヘナ~)私が悪うございました、お許し下さい」
「本っ当にクズだな」
「ああ」
「でも、そうしたらどうするんですか?殺人絡みのゲームってかなり多いですよ?」
「そうだな…」
「『オホーツクに消ゆ』とか」(ブッ)
「『さんまの名探偵』とか」
「いい加減その時代から離れろレトロゲオタ」
「じゃ、『ひぐらし』」
「…それは別の意味でイタいな、ていうかトラウマ」
「なじぇに?」
「80年代を覚えているか?」

(寒い突風がヒュー)

「…あの頃のことは忘れよう」
「ああ」
「でも僕ちんハーツ・オブ・アイアンがあれば全然OK。Nuke'em! Nuke'em! Nuke'em!
「(拳が顔面直撃)そのキノコの山は何だ!!」
「やだなぁ、記号ですよ記号、数値と記号が減るだけ。問題なし」
「(無視)あー、でもそうすると戦争モノも全部ダメか」
「『一人殺せば殺人だが、百人殺せば英雄です!百人乗っても大丈夫!』」
「あれはほっとけ」
「でも、そうするとウォーシミュレーションとかタクティクスRPGとかも全滅なんですか?」
「ああ、そうなるな」
「『怒』とかダメ?」
「だから離れろ!」
「『ゲバラ』」
「それはそれ以前に2Pキャラの肖像権問題」
「無双系も全滅ですよね…」
「『ガンダム無双』系はガチOK。敵は全部DG細胞で出来たデスアーミーだから。『超級覇王電影弾!』
「じゃ、空戦モノは敵が全部無人機という設定ならOKか」
「それって、『この作品に登場する女性キャラは全員エルフで300歳以上です』ってテロップ入れるのと変わらないんじゃ…」
「…あんまり解決策になってねーなー。俺ら一体何売ればいいわけ?」
「売るなってことじゃね?」
「氏ねカス」

「いらっしゃいませぇ」
「客?…なんだ、タムケンのカシラか」
「タムケンじゃねーよ!ったく、この店は客あしらいが相変わらずだな」
「で、今日は何を?」
「im@sのDS版」
「相変わらずイケテマスねアニキ」
「この店で飾ったって始まらねーだろ…ん?何か騒いでたのか」
「ええ、陵辱ゲー規制についてちょっと…」
「うら若い乙女キャラだったよな、連載当初」
「さらっと口に出したな」
「ん?あんなもん禁止だ禁止。全然リアリティの欠片もねーぞ。あんなに簡単に堕ちるんだったら、風呂に沈めるのにあんなに苦労しねぇっての」
「大変だカシラ、また天政会の連中がカチコミを!!」
「ちっ。分かった。すぐ行く…じゃ、入荷連絡はいつもの携帯宛で夜露死苦」
(ピュー)
「なあ」
「ん?」
「この現実の前に、『規制』って、何か意味あんのか?」

(本誌読んでないんで、本物とネタかぶってたらすみません)

続きを読む "二刷でようやくゲット。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧