« とりあえず報告。 | トップページ | とか思ってるの(BlogPet) »

2006.10.10

腐れ管理者の気分になってみる。

 …あれ、勤務時間と変わらない気分だ(爆)(挨拶)。

 というわけで、高木浩光氏の「高木浩光@自宅の日記」を読んでいたら、「無思慮なサイト運営者が本来言わんとすることを利用規約の形式で書いてみた」という記事があり。
 いや、無思慮なサイト運営者が本来言わんとすることを利用規約にしたものに更にツッコんでどうする、とは思ったのですが、「規約というくらいなら、従わない場合は法的措置を前提に利用を認めないという趣旨のものになるはずだ。」という記述に触発されて、思わず「更なる法的措置前提版」を作ってしまいました。

 えーと、大抵のダメ運営者のやりたそうなことは大概カバーして、しかも「法的措置前提」に出来てると思うんですが…どんなもんでしょう。

 ああ、ちなみに、凡例としては「これが挿入した部分」、「これが削除した部分」です。
 

当サイトの使用許諾条件

第1条(定義)
1.本許諾条件において、「当社」とは下記の各号に掲げるものをいう。
一 日本国○○県○○市○○町○丁目○番○号に本店を有する、株式会社○○○○
二 前号の会社の子会社(会社法にいう子会社をいう)
2.本許諾条件において、「当サイト」とは、情報またはサービスおよびこれらの編集物または集合体(以下単に「情報等」という)をインターネットにおいて識別されるための文字、記号、その他の符号またはこれらの結合(以下「URL」という)のうち、下記の各号に示すものによって識別される情報等およびこれらの集合体をいう。
一 example.jpの前方に任意の文字、記号、その他の符号またはこれらの結合を加えたもの
二 example.com/hogeの前方に任意の文字、記号、その他の符号またはこれらの結合を加えたもの
三 上記各号のいずれかに該当するURLの後方にさらに任意の文字、記号、その他の符号またはこれらの結合を加えたもの
3.本許諾条件において、「閲覧」とは、当サイトを閲覧しもしくは利用し、または閲覧もしくは利用しようとすることをいい、ロボットその他の自動的手法により情報等を収集しまたは収集しようとすることを含むものとする。
4.本許諾条件において、「当サイト閲覧者」とは、前項の定義に基づき当サイトを閲覧し、または閲覧しようとする者をいう。
5.本許諾条件において、「トップページ」とは、次のURLで示されるページのことをいう。
http://example.jp/

第2条(許諾条件違反者・不同意者の当サイト閲覧禁止)
1.本許諾条件に過去に違反し当社がその後当サイト閲覧の許諾を与えていない者、現に本許諾条件に違反している者ならびに本許諾条件に違反することを目的として当サイトを閲覧しようとする者および本許諾条件の全部または一部に同意しない者は、いずれも本許諾条件を記した部分を除いて一切当サイトを閲覧してはならないものとする。
2.前項の規定は、前項に該当する者がサイトの運営者であるか否か、また当サイトへのリンクを有しているか否かにかかわらず適用されるものとする。
3.前各項の規定にかかわらず、サイトの運営者は、その運営するサイトにおける本許諾条件違反を是正することのみを目的とし、他の方法では当該目的を達することが不可能である場合に限り、当社の想定する最低限必要な範囲(時間、回数、頻度を含む)に限って、あらかじめその運営するサイトから当サイトへの全てのリンクを抹消した上で、当サイトを閲覧することができる。

第3条(当サイトに関する電凸等の禁止)
1.当社は、当サイトの運営に関し、電話、電子メールその他の連絡手段により問い合わせ、質問、指摘等を受け付けるのに要する人件費を支出できず、また当該業務を兼任することが可能な知識と経験を有する人材を雇用していない。よって、当サイト閲覧者は、当サイト上に当社の個別の商品またはサービスその他の業務に関する個別連絡先が通常の方法により可読な形で明記されている場合を除き、当サイトに関し、本許諾条件に定める方法以外のいかなる方法によっても、当社に対し、問い合わせ、質問、指摘またはこれらに類する行為を行ってはならないものとする。
2.当サイト閲覧者は、前項に定める当社の個別の商品またはサービスその他の業務に関する個別連絡先に対し、当該商品またはサービスその他の業務の内容に関する事項以外の事項(当該連絡先の記載されているWebページ等の運営またはサーバの運用等に関する事項を含む)につき、問い合わせ、質問、指摘またはこれらに類する行為を行ってはならないものとする。

14条(中傷の禁止)
当サイト閲覧者は、当サイトに掲載されている情報をもとにして、当社およびならびに当社の役員および従業員、当社の商品、当社のサービスを中傷し、名誉を毀損することを禁止する。これに違反する内容を掲載するサイトの運営者は、当サイトへのリンクの有無に関わらず、当サイトを閲覧してはならないものとする。
(2006/10/15 本条修正)

第5条(個人情報悪用の禁止)
当サイト閲覧者は、当サイトに掲載されている情報等およびこれらを利用して導き出される情報等に、当社の役員および従業員の個人情報が含まれている場合であっても、これを個人情報の利用に関する何らかの許諾と解してはならず、かついかなる意味においてもこれらを悪用してはならないものとする。

26条(擦り寄りの禁止)
サイトの運営者は、猥褻、暴力的、脅迫的、非合法な内容、および当社が薄気味悪いと判断する内容を含むサイトにおいて、その表記の目的、手法や形態に関わらず、当社の社名および当社の役員名、従業員名、商品名、サービス名、ドメイン名およびこれらを想起させる一切のものを表示し、記載してはならないものとする。することは、サイトの運営者は、その表記の手法や形態に関わらず禁止する。これに違反する内容を掲載するサイトの運営者は、当サイトへのリンクの有無に関わらず、当サイトを閲覧してはならないものとする。

37条(誤認表示の禁止)
サイトの運営者は、その表記の目的、手法や形態に関わらず当社の社名および役員名、従業員名、商品名、サービス名、ドメイン名およびこれらを想起させる一切のものを記載して、当社と無関係ないかがわしい商品、サービス等が当社と関係あるかのように誤認させる表示をしてはならないものとする。することは、その表記の手法や形態に関わらず禁止する。これに違反する内容を掲載するサイトの運営者は、当サイトへのリンクの有無に関わらず、当サイトを閲覧してはならないものとする。

48条(苦情の拒否)
当サイトの各ページは予告なく消滅、もしくはURLを変更することがある。他のサイトから当サイトへのリンクがリンク切れとなることがあっても当社の責任ではない。当社に対しこのようなリンク切れについて苦情を申し立てる目的で電話し、電子メールを送信し、内容証明等の郵便物を送付することを禁止する。これに違反する者は、当サイトへのリンクの有無に関わらず、当サイトを閲覧してはならないものとする。

59条(教育的指導)
当サイト閲覧者は、他のサイトが当サイトへのリンクを記述している事実は、当該サイトが当サイトと何らかの関係を有することを意味するものではない。このことを理解しなければならないものとする。い者は、当サイトへのリンクの有無に関わらず、当サイトを閲覧してはならないものとする。

610条(アクセス防御措置努力の放棄)
1.当社は、当サイトのセキュリティ対策を完全には行っておらず、従業員の過失によって個人情報その他の機密情報を含む情報等が誰にでも閲覧できる状態になる事故が発生する場合がある。これらの情報等の情報流出を防止するため、当社の事前の許可なく、当サイトにリンクし、当サイトのURLを表示し、記述し、出版し、他言することを禁止する。検索エンジン等、機械的に生成される情報においても同様とする。これに違反する者は、当サイトへのリンクの有無に関わらず、当サイトを閲覧してはならないものとする。
2.前項の許可を得るための方法に関する問い合わせは、第1条第1項第1号記載の団体の本店住所宛に、下記各号の物を同梱して送付することによってのみこれをなすことができるものとし、他の方法による問い合わせは一切受け付けないものとする。当該送付物のあて先は「広報部門」とし、封筒または送付伝票の目立つ位置に「リンク等許可願要綱送付希望」と赤字で記入しなければならない。
一 問い合わせをする者の住所氏名、(問い合わせをする者が団体であるときは団体名、活動目的、主たる事務所の所在地、代表者、責任者および担当者の所属、職位、氏名、)連絡先、昼間連絡先を記載した書面
二 問い合わせをする者が個人であるときは本人確認書類の写し、団体であるときは団体の活動の概要を記した書面および登記を要する団体であるときはその登記簿謄本または履歴事項全部証明書(いずれも問い合わせの3か月前までに取得したものに限る)
三 個人またはある団体として他の個人または団体のために問い合わせをするときは当該他の個人または団体に関する第一項および第二項に定める書面ならびに問い合わせをする者と当該他の個人または団体との関係が確認できる書面の写し
四 問い合わせの目的を詳細に記した書面
五 問い合わせがリンクに関するものを含むときは、当該リンクの設置を希望する全ての個別ページの最終のドラフト(印刷されたものまたは電磁的記録媒体等に保存されたもの)
六 問い合わせが有体物または電磁的記録へのURLの記述または記録に関するものを含むときは、当該有体物または電磁的記録(媒体に記録して他者に交付する予定であるときはその包装を含む)の最終試作品または最終の校正刷
七 問い合わせが放送または公衆送信等(いずれも教育用を含む)における言及に関するものを含むときは、当該放送または公衆送信等の台本および当該制作者における少なくとも過去13回分の同種の制作物
八 問い合わせが上演(教育用を含む)における言及に関するものを含むときは、当該上演における台本および当該上演者における少なくとも過去5回分の同種の上演行為の記録物
九 問い合わせが上記各号以外の方法による言及に関するものを含むときは、当該言及に関する詳細な説明を記した書面
十 定型郵便の郵送料および配達記録手数料合計相当額の切手を貼付した返信用封筒(定型郵便用のものに限る)
3.下記各号に該当する場合、当社は前項の問い合わせには応じないものとする。問い合わせに応じない場合、当社は問い合わせをなした者に対して原則として返答または応答をしないものとし、かつ返信用封筒に切手が貼付されている場合はこれを当社に対する寄付とみなすものとする。
一 返信用封筒に貼付された切手の額面が、前項所定の金額に満たないとき
二 前項第八号または同項第九号に該当する場合において、制作または上演の実績がないかまたは不足していることその他の理由により、各号にいう同種の制作物または記録物を各号所定の回数分だけ添付できないとき
三 前各号のほか、前項の要件を一つでも満たさないとき
四 返信用封筒に記された返信先が、日本の内国郵便の到達範囲外であるとき
五 前項の書面または封入物に、問い合わせと無関係な事項が記載または記録されているとき
六 リンクの記載を希望するページのドラフトの中に、動的に生成されるものが含まれているとき
七 当社担当者が別件で多忙であるとき、または休暇中であるとき
八 当社においていまだ許可願要綱が作成されていないとき
九 その他当社が許可願要綱を送付することが不適切であると判断したとき
(2006/10/15 第二号を追加、以下各号繰り下げ)
4.本条に定める問い合わせに要した費用は、当該問い合わせをした者の負担とする。
5.第1項の許可基準および第3項第8号の許可願要綱送付基準は、当社の内部でのみ使用するための内規とし、公開しない。また、これらに基づく判断の理由についても同様とする。

711条(アクセシビリティ改善努力の放棄)
当サイトはパンくずリストを設置しておらず、現在表示されているページがサイト全体もしくはコンテンツ内のどこに位置しているか把握するのが困難なページが存在する。また、タイトル要素のないページ、フレームを使用したページ、統一されていないデザインのページが存在する。途中のページから閲覧することは、当該コンテンツが当サイトによるものであることが不明確になるものであり、トップページ以外からの閲覧を禁止する。これに違反する者は、当サイトへのリンクの有無に関わらず、当サイトを閲覧してはならないものとする。

812条(アクセスログ収集努力の放棄)
当社は、リンク元を示すアクセスログを記録する技術を有しておらず、当サイトへのリンクを設置している他のサイトの存在を知ることができない。電話、電子メールその他の連絡手段によりリンクの届出を受け付けるのに要する人件費を支出できないため、したがって、本許諾条件第10条に基づく許可によるほか、当サイトへのリンクを一切禁止する。これに違反する者は、当サイトを閲覧してはならないものとする。

913条(言論に伴う責任の放棄)
当社の役員および従業員は、当サイトのブログページにおいて、自由闊達に自己表現を楽しむ権利を有している。不用意な発言が発表された場合であっても、これを批判する目的で当サイトにリンクし、トラックバックし、またはURLを掲示板に書き込み、他のサイトに表示し、出版し、他言することを禁止する。これに違反する者は、当サイトへのリンクの有無に関わらず、当サイトを閲覧してはならないものとする。

1014条(無断相互リンクの禁止)
1.当社は公正さと中立性を最重要事項としており、当社の事前の許可なく、当サイトから他のサイトへのリンクを設定することを禁止する。これに違反する者は、当サイトへのリンクの有無に関わらず、当サイトを閲覧してはならないものとする。
2.前項の許可については、本許諾条件第10条に準じて取り扱うものとする。

第15条(本許諾条件の改定)
1.本許諾条件は当社の判断により予告なく改定することができる。
2.当社が別途定める場合を除き、改定後の本許諾条件はその改定の時より適用されるものとする。
3.本許諾条件に同意していた者は、改定の時に改定後の本許諾条件に同意したものとみなされることにつき、あらかじめ同意するものとする。
4.本許諾条件に同意していた者は、前項により改定後の本許諾条件に違反することとなった場合、改定後の本許諾条件の規定を満たすまでの間、改定後の本許諾条件に違反している者とみなされることにつき、あらかじめ同意するものとする。
5.本許諾条件第16条の規定に基づき何らかの損害賠償義務を負う者は、本許諾条件の改定後も引き続き改定前の規定に基づく当該損害賠償義務を負うものとする。但し、当該損害賠償義務の原因となった違反行為が改定後も継続している場合、当社は、当社の判断により、改定前の違反行為についても改定後の本許諾条件の規定を遡って適用することを選択できるものとする。

第16条(損害賠償義務)
1.本許諾条件に違反した者は、その行為によって第1条第1項第1号の団体の代表者に与えた精神的苦痛に対する慰謝料として、少なくとも金50万円を支払う義務を有するものとする。但し、当該精神的苦痛の被害者の範囲は当社の判断によりこれを拡大することができるものとし、かつ、これらの者に対して違反者が支払うべき慰謝料の額は、違反者の違反の態様により当社の判断において増額して請求することができるものとする。当該違反者は当該慰謝料の対象者の範囲および金額の多寡を問わず、当社の請求に応じて異議なくその全額の支払に応ずる義務を負う。
2.本許諾条件に違反した者は、前項のほか、当社、当社の役員および従業員、ならびにその他第三者において当該閲覧によって生じた損害につき、その損害を賠償する責に任ずる。

第17条(準拠法および使用言語)
本許諾条件に係る紛争においては準拠法を日本法とし、使用言語は日本語とする。

1118条(管轄裁判所)
利用規約許諾条件に係る紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

 あ、もちろんこれは例文であり、本サイトに適用するものではありませんからご安心を。

 …原作成者の意図の一つは「これに違反する者は、当サイトへのリンクの有無に関わらず、当サイトを閲覧してはならないものとする。」をウンザリするほど連呼することにあると思いますので、その辺は原作品の意図を損なったかな、という観はありますが、まあその分損害賠償義務の明記をきっちりしたのでいいかと。(←て、おまえは絶望先生の木津千里かっつーの) てゆーか、社長がシクシクと思っただけで50万かよ。これ公序良俗に反する許諾条件のような気がするぞ。

 あとは「とにかく問い合わせとかウザイことすんなっつーの、全部管理会社に丸投げなんだから」の新第3条も入れたし、意味もなく管理者が気にしたがる「個人情報」についての条文も入れたし、リンク許可手続は「許諾条件に書いてあります」の一言の対応で済むようにしたし、すこしは外道さが増したものということでご勘弁賜りたく。

 …ったく、我ながら休職中に何やってんだか…

|

« とりあえず報告。 | トップページ | とか思ってるの(BlogPet) »

コメント

改訂後第4条の、主語と述語が対応していないような気が。

投稿: くぼ | 2006.10.14 09:47

>主語述語
ご指摘有難うございます。早速修正しました。(しかし修正してどうなる…?)

投稿: 内藤 | 2006.10.15 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腐れ管理者の気分になってみる。:

« とりあえず報告。 | トップページ | とか思ってるの(BlogPet) »